[レンチンでホットにも!]美味しい水出しコーヒーとIWAKI ウォータードリップサーバーの紹介

水出しコーヒーのアイキャッチ 暮らし
えり
えり

いつも飲んでいる水出しコーヒー

水出しコーヒーを作るためのIWAKI ウォータードリップサーバーを紹介します。


【iwaki】【30%OFF】イワキ ウォ−タ−ドリップコーヒーサーバー保存容器 アイスコーヒー 水出しコーヒー 水出し コーヒー 人気 インスタ映え コーヒー おいしい おしゃれ インテリア こだわり 耐熱ガラス

IWAKI ウォータードリップサーバーは、もう5年ほど使っています。

本当に美味しいコーヒーが作れるので、ぜひ作って飲んでほしいです。

水出しコーヒーとは?

『水出しコーヒー』とは、水で抽出したコーヒーです。

低温で時間をかけて抽出することで、雑味が少なくなり、なめらかでスッキリとした口当たりになります。

えり
えり

ドリップしたコーヒーより、飲みやすいと感じます。

ちなみに、水出しコーヒーの発祥地はインドネシアだそうです。

水出しコーヒーを作ってほしい3つの理由

テクニック不要

セットできれば、誰でも美味しいコーヒーができます

ドリップのような、ぷわっと膨らみを作って、お湯を少量回しかけてというような難しさはありません。

1回で5杯程度作れる

1回で作れる量は多いです。

カップの大きさにもよりますが、コーヒーカップなら5杯くらいなりそうです。

残ったコーヒーは、冷蔵庫で保管しています。

私は、常に作っておいて、飲みたい時にすぐ飲めるようにしています。

ホットにしても美味しい

ホットで飲みたい時はレンジで温めています

レンチンのホットでも十分に美味しいコーヒーを味わえます。

水出しコーヒーに必要な物

iwakiウォーターサーバーの写真

  • IWAKI ウォータードリップサーバー

その他に

フィルターとコーヒー缶の写真

  • カリタの丸型ろ紙3
  • 好きなコーヒー粉
    (私は、カルディーなどで「水出だし用でお願いします」と頼んでいます。
    見た感じは、細挽きだと思います。)

  • (私は、水道水で作っています。)
  • スプーンなど
    (コーヒーと水を混ぜられれば、何でもいいです)

作り方

1. フィルターにコーヒー粉をセットします。
(フィルターに線があって、それより下くらいまで入れるといいです。)

2. コーヒー粉に湿らすための水をかけて、スプーンなどでかき混ぜコーヒー全体を湿らせる。
(水の量は、大匙2くらいから入れるといいです。
たくさん水を入れると、下の網目から水が出てくるので注意してください。
かき混ぜて、足りなそうなら水を少量足すのがいいです。
ちなみに、私は慣れたので水道から直接入れてやっています。)

3. 湿ったコーヒー粉は、少し平らにしてください。
(湿らせ具合は、べちゃべちゃになるまでやらなくていいです。
少し水分拭くんだなって感じでOK。)

濡らしたコーヒーの写真

4. 平らにしたコーヒーの上にカリタの丸型紙フィルターを1枚のせます。

5.コーヒーの入ったフィルターをセットし、その上に水が入ったタンクをのせます。
タンクに水を入れた瞬間から、水がポタポタ落ちます。
セットしてから水を入れた方がいいです。
(水が垂れても平気な方は、タンクに水を入れてからセットしてOK。
私はそうしています。)

6. 付属の黒いふたを乗せ、水が全て落ちるまで待ちます。

7. タンク内の水が落ちきったら、出来上がりです。

※たまに、タンクから水が落ちなくなっている時があります。
その時は、滴下する部分に、つまようじなどの細いものでつつくと再度滴下します。

出来上がり時間は2時間程度

2時間程度で完成します。

私の場合は、セットしたことを忘れるので、朝セットしたら昼までには出来上がっているというイメージです。

手入れ方法

抽出が終わった後は、コーヒー粉を捨てて、洗剤で洗うだけです。

コーヒー粉は、細かくごみネットなどの網目からは抜けますので、ビニール袋などに出して捨てた方がいいです。

水出しコーヒーのまとめ

  • 水出しコーヒーは、水で抽出したコーヒー
  • 誰でも簡単に美味しいコーヒーが作れる(テクニック不要)
  • 1回で5杯分くらい作れて冷蔵庫に保存できる
  • 作っておくと、いつでも美味しいコーヒーが飲める
  • ただ、完成までに2時間程度かかる


【iwaki】【30%OFF】イワキ ウォ−タ−ドリップコーヒーサーバー保存容器 アイスコーヒー 水出しコーヒー 水出し コーヒー 人気 インスタ映え コーヒー おいしい おしゃれ インテリア こだわり 耐熱ガラス

 

水出しコーヒーを紹介しました。

テクニック不要で、いつでも美味しいコーヒを飲めるのは幸せですね。

まだ使ったことが無い方には、ぜひ試してほしいです。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました